シチュエーションに関する夢

夢占いで昔住んでいた家の夢の意味は?24のパターン別心理状態まとめ!

更新日:

夢の中で昔住んでいた家にまた住んでいたり、昔住んでいた家を見ていたり・・・。

そんな昔住んでいた家の夢にはどんな意味があるのでしょうか?

昔住んでいた家の夢の意味を夢占いにより解析してみましたので紹介いたします。

目次(クリックで好きな位置に飛べます)

昔住んでいた家の夢の意味とは?

昔住んでいた家の夢は懐かしさを表すものになります。

または人生の転換期でもあります。

環境に大きな変化が起こることになります。
 

昔住んでいた家の状況によって吉凶に別れます。

昔住んでいた家の夢の意味を夢占いにより解析してみましたので紹介いたします。

1.昔住んでいた家の夢の意味・心理状態の吉夢パターン

昔住んでいた家の夢の意味と心理状態の吉夢のパターンを紹介します。
 

1-1.昔住んでいた実家が出てくる夢

昔住んでいた実家が出てくる

昔住んでいた実家が出てくる夢は、運気の変化を意味しています。
 

実家が綺麗で立派な場合は、目標達成が近いでしょう。

近いうちに努力が実り、希望が叶います。
 

実家が古くて汚れたイメージの場合は運気が低下してしまいそうです。

精神的も疲れがあり、逃げ出したい気持ちになっています。
 

昔住んでいた実家が出てくる夢を見たら、どのようなイメージだったか思い出して解釈しましょう。
 

1-2.昔住んでいた家が大きくて広い夢

昔住んでいた家が大きくて広い

昔住んでいた家が大きくて広い夢は、向上心があることを意味しています。
 

大きな家だった場合は大きな目標を持っていることになります。

広い家は心の広さでもあります。
 

目標に向かって努力をしているところです。

少し目標が高すぎることがあるので立て直した方が達成しやすいかもしれません。
 

昔住んでいた家が大きくて広い夢を見たら、人間関係も好調になるでしょう。
 

1-3. 昔住んでいた家が火事になる夢

昔住んでいた家が火事になる夢は、大きな環境の変化が起こることを意味しています。
 

火事は変化などを表していて、人生の転機になるかもしれません。

激しく燃えている場合は劇的な変化が起こるでしょう。
 

小さく燃えている場合は愛情を手にすることを表しています。

大きな変化に対応できるようにしておくことが大事です。
 

昔住んでいた家が火事になる夢を見たら、前向きにとらえておくようにしましょう。
 

1-4.昔住んでいた家に日光が当たっている夢

昔住んでいた家に日光が当たっている

昔住んでいた家に日光が当たっている夢は、明るい見通しを意味しています。
 

日光が家に当たり、明るいイメージのある昔の家を見た場合は先の見通しも明るいということになります。

今はそんなに良い状況でないとしてもこれからよくなっていきます。
 

体調が良くない人も回復していくでしょう。

明るい未来が見えてきているのです。
 

昔住んでいた家に日光が当たっている夢を見たら、明るい毎日を過ごせそうです。
 

1-5.昔住んでいた家に幽霊がでる夢

昔住んでいた家に幽霊がでる夢は、恋愛運上昇を意味しています。
 

幽霊が怖くなかった場合に限ります。

恋愛運だけではなく、人間関係も回復していくでしょう。
 

幽霊が出て怖かった場合は、精神的なストレスがたまってしまいます。

精神バランスも崩してしまいそうです。
 

昔住んでいた家に幽霊がでる夢を見たら、どんな幽霊だったか思い出してみましょう。
 

1-6.家族と昔住んでいた家にまた住む夢

家族と昔住んでいた家にまた住む

家族と昔住んでいた家にまた住む夢は、運気上昇を意味しています。
 

昔の家に戻って家族と楽しく暮らしているようであれば運気は上昇していきます。

生活も安定して家族とも楽しく過ごせそうです。
 

家族と喧嘩をしたり仲が良くなかったりして暮らしていた場合は、経済面も不安定になります。

精神的にもバランスが悪くなります。
 

家族と昔住んでいた家にまた住む夢を見たら、どんな風に暮らしていたか思い出して解釈しましょう。


 

1-7.昔住んでいた家を掃除する夢

昔住んでいた家を掃除する夢は、浄化していることを意味しています。
 

掃除をすることは自分を浄化して悪い運をきれいにしていることになります。

綺麗になることで運気も上昇していきます。
 

綺麗にならなかった場合は良くない運が残ってしまうことになります。
 

綺麗になっていれば健康面もよくなっていきます。
 

昔住んでいた家を掃除する夢を見たら、実際にも掃除は大事になります。
 

1-8.昔住んでいた家が豪邸な夢

昔住んでいた家が豪邸な夢は、進む道が正しいことを意味しています。
 

豪邸には地位や裕福さなど表しています。

目標や目指すことが正しく、順調に進んでいけることになります。
 

豪邸でもあまりいい感じがしなかった場合はストレス発散をしていることになります。

ストレスをため込まないようにする必要があります。
 

昔住んでいた家が豪邸な夢を見たら、目標達成までつき進んでいきましょう。
 

1-9.昔住んでいた家をリフォームする夢

昔住んでいた家をリフォームする

昔住んでいた家をリフォームする夢は、心境の変化を意味しています。
 

リフォームすることで、前向きな心境の変化があること表しています。

人間関係も活発になっていくでしょう。
 

恋愛の面では、積極的に好きな人に声をかけたりします。

仕事の面でも周りからの評価を得られるように努力するようです。
 

昔住んでいた家をリフォームする夢を見たら、ポジティブ思考になるようです。
 

1-10.昔住んでいた家が新しい夢

昔住んでいた家が新しい夢は、良い変化があることを意味しています。
 

新しいことで新鮮なよい環境の変化が起こるでしょう。

新しい職場でいい人間関係が築けることがありそうです。
 

昇給するなどの収入にも変化があります。

結婚をして新しい生活になることもあるでしょう。
 

昔住んでいた家が新しい夢を見たら、新鮮な気持ちになれるようです。
 

1-11.昔住んでいた家を引っ越す夢

昔住んでいた家の跡に新しい家を建てる

昔住んでいた家を引っ越す夢は、運気上昇を意味しています。
 

抱え込んでいたストレスがなくなっていくことを表しています。

よい環境の変化になるので吉夢です。
 

昔のよくないことを処分していることになり、いい環境に変わるでしょう。

人間関係も良好になるのでトラブルも少なくなります。
 

昔住んでいた家を引っ越す夢を見たら、心機一転できそうです。


 

1-12.昔住んでいた家の跡に新しい家を建てる夢

昔住んでいた家の跡に新しい家を建てる夢は、運気上昇を意味しています。
 

新しい家を建てることは仕事運や恋愛運も上昇します。

恋人がいる人は結婚が近いかもしれません。
 

大病を患っている人がこの夢を見た場合は注意が必要になります。

治療が順調にいっていれば問題はなさそうです。
 

昔住んでいた家の跡に新しい家を建てる夢を見たら、前向きになることが大事です。

2.昔住んでいた家の夢の意味・心理状態の凶夢パターン

昔住んでいた家の夢の意味と心理状態の凶夢のパターンを紹介します。
 

2-1.昔住んでいた家が出てくる夢

昔住んでいた家が出てくる

昔住んでいた家が出てくる夢は、精神疲労があることを意味しています。
 

昔を懐かしむような気持ちがある場合は現状に疲れを感じていることになります。

仕事でのストレスが溜っているのかもしれません。
 

精神面をリラックスさせることが必要になります。

昔を懐かしんで心が癒されていればストレスは少しずつ減っていきます。
 

昔住んでいた家が出てくる夢を見たら、ゆっくりできる時間を大事にしましょう。
 

2-2.昔住んでいた家が廃墟になる夢

昔住んでいた家が廃墟になる夢は、人間関係の不安を意味しています。
 

家には心の状況や対人関係、家族など表しています。

廃墟となっていた場合は、これから人間関係がどうなるのかという不安があります。
 

コミュニケーション不足になっているので寂しい気持ちに陥っています。

自分から進んで周りと関わっていくことで少しずつ不安も消えていきます。
 

昔住んでいた家が廃墟になる夢を見たら、つきあいをよくしていきましょう。
 

2-3.昔住んでいた家が倒壊する夢

昔住んでいた家が倒壊する夢は、体調不良があることを意味しています。
 

体だけではなく精神面でも不調になってしまいそうです。

ショックな出来事が起こる可能性があります。
 

誰かに心を傷つけられてしまうか、大事な人を失うことがあるようです。

敵対心のある人物には十分に気を付けましょう。
 

昔住んでいた家が倒壊する夢を見たら、メンタルケアが必要になりそうです。
 

2-4.昔住んでいた家に日が当たらない夢

昔住んでいた家に日が当たらない

昔住んでいた家に日が当たらない夢は、健康運低下を意味しています。
 

精神的なストレスも感じているようです。

精神的な疲労と体力的な不調でダウンしてしまうでしょう。
 

日頃から少し気を張りすぎているのでリラックスする必要があります。

ストレスは溜めないで発散しておくようにしましょう。
 

昔住んでいた家に日が当たらない夢を見たら、健康チェックをしてみましょう。


 

2-5.昔住んでいた家が狭い夢

昔住んでいた家が狭い夢は、窮屈さを感じていることを意味しています。
 

狭いというのは窮屈や、圧迫感などを表しています。

現状の生活が窮屈で苦しい思いをしていることになります。
 

仕事やプライベートの問題で精神的に息苦しさを感じていて逃げ出したくなっています。

自分から環境を変えてみる努力をする必要があります。
 

昔住んでいた家が狭い夢を見たら、息抜きをするようにしてください。
 

2-6.昔住んでいた家がすごく小さい夢

昔住んでいた家がすごく小さい夢は、現実逃避を意味しています。
 

昔住んでいた家が1人入れるくらいの小さな家だった場合は現実から離れて一人になりたがっています。

人間関係に疲れてしまっているせいのようです。
 

一人になってのんびりしたい、癒されたいと感じているのです。

実際には難しいことかもしれないのでリラックスする方法を探しましょう。
 

昔住んでいた家がすごく小さい夢を見たら、趣味に没頭してみるのもいいかもしれません。
 

2-7.昔住んでいた家が何度も出てくる夢

昔住んでいた家が何度も出てくる

昔住んでいた家が何度も出てくる夢は、対処できない問題があることを意味しています。
 

繰り返して昔住んでいた家が出てくることでどうしていいのかわからないことを表しています。

抱えている問題の対処ができていないことになります。
 

解決のヒントも見つからずに困った状況になっています。

真剣に向き合っていくことで解決策を見出せるでしょう。
 

昔住んでいた家が何度も出てくる夢を見たら、自分を信じて向き合いましょう。
 

2-8.昔住んでいた家を遠くから見ている夢

昔住んでいた家を遠くから見ている夢は、変わってく自分を意味しています。
 

もう昔の自分とは違うという認識をしていることになります。

いろいろなことを経験して、自分がどんどん変わってきているのです。
 

もう昔の自分には戻れないと実感しています。

今の自分でがんばるしかないことを表しています。
 

昔住んでいた家を遠くから見ている夢を見たら、何か覚悟を決めているようです。


 

2-9.昔住んでいた家が空き家になっている夢

昔住んでいた家が空き家になっている夢は、物足りなさを感じていることを意味しています。
 

空き家は誰も住んでいないということから虚しさなどを表しています。

あなたは人生の中で何か物足りないような虚しさがあることになります。
 

恋人との間に満たされない気持ちがあるようです。

愛情に飢えている状況になります。
 

昔住んでいた家が空き家になっている夢を見たら、自らも愛情表現をしておきましょう。
 

2-10.昔住んでいた家を壊す夢

昔住んでいた家を壊す夢は、体調不良を意味しています。
 

自分で家を解体していく行為は、健康面で問題が生じます。

生活習慣にも不摂生なところがあるようです。
 

生活の見直しをする必要があるでしょう。

しかし、昔の家を壊して環境に変化が起これば、新たな挑戦をするといいかもしれません。
 

昔住んでいた家を壊す夢を見たら、健康管理はしっかりしておきましょう。
 

2-11.昔住んでいた家が古い夢

昔住んでいた家が古い

昔住んでいた家が古い夢は、運気低下を意味しています。
 

古い家は体調不良になったり、経済面が苦しくなったりしそうです。

人間関係でも関係が悪化してしまうかもしれません。
 

あなたが古い考え方にこだわっていることがよくないようです。

新しい考え方も取り入れて対応していきましょう。
 

昔住んでいた家が古い夢を見たら、古い考えを捨ててみましょう。
 

2-12.昔住んでいた家に寂しさを感じる夢

昔住んでいた家に寂しさを感じる夢は、経済的困窮に陥ることを意味しています。
 

寂しさを感じてしまうことで運気は下降してしまうでしょう。

収入が極端に減ってしまったり、リストラされてしまったりしそうです。
 

生活にも問題がでるくらい経済的に悪化してしまうようです。

お金の管理をしっかりするようにしましょう。
 

昔住んでいた家に寂しさを感じる夢を見たら、今の仕事は大丈夫確認してみましょう。
 


昔住んでいた家の夢の意味まとめ

昔住んでいた家の夢にもいろいろな意味がありましたね。

これらをまとめます。

1.昔住んでいた家の夢の意味・心理状態の吉夢パターン

1-1.昔住んでいた実家が出てくる夢
→運気の変化

1-2.昔住んでいた家が大きくて広い夢
→向上心がある

1-3. 昔住んでいた家が火事になる夢
→大きな環境の変化

1-4.昔住んでいた家に日光が当たっている夢
→明るい見通し

1-5.昔住んでいた家に幽霊がでる夢
→恋愛運上昇

1-6.家族と昔住んでいた家にまた住む夢
→運気上昇

1-7.昔住んでいた家を掃除する夢
→浄化している

1-8.昔住んでいた家が豪邸な夢
→進む道が正しい

1-9.昔住んでいた家をリフォームする夢
→心境の変化

1-10.昔住んでいた家が新しい夢
→良い変化がある

1-11.昔住んでいた家を引っ越す夢
→運気上昇

1-12.昔住んでいた家の跡 に新しい家を建てる夢
→運気上昇

2.昔住んでいた 家の夢の意味・心理状態の凶夢パターン

2-1.昔住んでいた家が出てくる夢
→精神疲労

2-2.昔住んでいた家が廃墟になる夢
→人間関係の不安

2-3.昔住んでいた家が倒壊する夢
→体調不良

2-4.昔住んでいた家に日が当たらない夢
→健康運低下

2-5.昔住んでいた家が狭い夢
→窮屈さ

2-6.昔住んでいた家がすごく小さい夢
→現実逃避

2-7.昔住んでいた家が何度も出てくる夢
→対処できない問題がある

2-8.昔住んでいた家を遠くから見ている夢
→変わっていく自分

2-9.昔住んでいた家が空き家になっている夢
→物足りなさを感じている

2-10.昔住んでいた家を壊す夢
→体調不良

2-11.昔住んでいた家が古い夢
→運気低下

2-12.昔住んでいた家に寂しさを感じる夢
→経済的困窮

昔住んでいた家の夢はどうでしたか?

何かあてはまるようなパターンは見つかりましたか?
 

昔住んでいた家の意味には、健康状態から今の状況がよく理解できましたね。

昔住んでいた家の夢を見たらぜひ参考にしてみてください。

五十音順で夢の意味を調べる

-シチュエーションに関する夢,

Copyright© 夢意味.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.