シチュエーションに関する夢

給料の夢の意味を診断!20のパターン別心理状態まとめ!

更新日:

夢の中で給料をもらっていたり、給料を落としてしまったり・・・。

そんな給料の夢にはどんな意味があるのでしょうか?

給料の夢の意味を夢占いにより解析してみましたので紹介いたします。

給料の夢の意味とは?

給料の夢は大事に思っているものを表します。

給料は愛情でもあります。
 

給料をもらう状況によって意味は吉凶に別れます。

給料の夢の意味を夢占いにより解析してみましたので紹介いたします。

1.給料の夢の意味・心理状態の吉夢パターン

給料の夢の意味と心理状態の吉夢のパターンを紹介します。
 

1-1.給料をもらう夢

給料をもらう

 

給料をもらう夢は、好意を持たれていることを意味しています。

 

給料をくれた相手から愛されていることを表しています。

給料は、お金、愛情を示しています。

 

相手から愛情をもらうということになります。

どんな相手だったか思い出してみてください。

 

給料をもらう夢を見たら、給料をくれた相手と何か恋愛で展開があるかもしれません。
 

1-2.給料がたくさん入る夢

給料がたくさん入る夢は、大事な物に恵まれることを意味しています。

 

給料がたくさん入るのは、愛情がたくさんもらえたり、自分が必要なものに恵まれたりすることを表しています。

自分の好きな人から愛情を多くもらうことができるでしょう。

 

ほかにも休みを多くもらえたり、欲しかったものをもらったり、など恵まれるようです。

幸せを感じることができそうです。

 

給料がたくさん入る夢を見たら、恋愛運も好調になるでしょう。
 

1-3.給料を使いきれないほどもらう夢

給料を使いきれないほどもらう

 

給料を使いきれないほどもらう夢は、大切なものを持て余すことを意味しています。

 

給料は愛情や大事なものを表しているので使いきれないほどになるのは、持て余していることになります。

余裕がありすぎるようです。

 

時間もありすぎて持て余すこともありそうです。

人からの愛情も度を越えたものだったりします。

 

給料を使いきれないほどもらう夢を見たら、時間を大事に使いましょう。
 

1-4.給料を貯金する夢

給料を貯金する

 

給料を貯金する夢は、パワーがあることを意味しています。

 

有り余るくらい気力が高まっていることを表しています。

行動力もあるのでトラブルが起こってもすぐに対処できます。

 

仕事でもいい成果を出すことができるでしょう。

上司からも認められそうです。

 

給料を貯金する夢を見たら、全力でがんばることができるようです。


 

1-5.給料を手渡される夢

給料を手渡される夢は、達成感があることを意味しています。

 

自分が働いたお給料を手渡されるのは、気持ちに達成感があることを表しています。

また次の目標に向かって突き進んでいることになります。

 

仕事は気力が高いので順調に進んでいくでしょう。

恋愛の面でも積極的にアピールをするようです。

 

給料を手渡される夢を見たら、自分に自信がつきそうです。
 

1-6.自分が給料を支払う夢

自分が給料を支払う夢は、金運上昇を意味しています。

 

あなたが社員に給料を支払っている場合は、金運が上昇することを表しています。

仕事は順調になり、良い成果を上げることができるでしょう。

 

昇給したり、臨時収入が入ったりするようです。

宝くじを買うにもいい時になります。

 

自分が給料を支払う夢を見たら、経済的に余裕ができるでしょう。
 

1-7.給料袋の中にお金が入っている夢

給料袋の中にお金が入っている

 

給料袋の中にお金が入っている夢は、気力の高まりを意味しています。

 

あなたのパワーが上昇していることを表しています。

やる気がある状況なので仕事でも実力を発揮できそうです。

 

新しいチャレンジしてもうまくいくでしょう。

恋愛の面でも好きな人に話しかける勇気をもてそうです。

 

給料袋の中にお金が入っている夢を見たら、物事がスムーズにいくでしょう。
 

1-8.給料袋を拾って届ける夢

給料袋を拾って届ける夢は、対人運上昇を意味しています。

 

人の給料袋をきちんと警察に届ける場合は、人間関係がよくなっていくことを表しています。

職場での人間関係も好調になっていくでしょう。

 

周りとコミュニケーションもうまくとれます。

友人関係もトラブルもなさそうです。

 

給料袋を拾って届ける夢を見たら、精神的にも安定できるでしょう。
 

1-9.給料で借金を返す夢

給料で借金を返す

 

給料で借金を返す夢は、信頼関係があることを意味しています。

 

お金を借りた相手との信頼関係が強いことを表しています。

人間関係が上昇していくでしょう。

 

目標に向かって努力を続けていることでもあります。

あなたも周りの人に信頼されるでしょう。

 

給料で借金を支払う夢を見たら、前向きに努力をしていくようにしてください。
 

1-10.給料を人にあげる夢

給料を人にあげる夢は、うれしいことがあることを意味しています。

 

あなたの心のきれいさ、素直さなどを表しています。

幸運な出来事が訪れることになります。

 

周りの人からも信頼が高く、評価も上がっていくでしょう。

素直な気持ちのままでいることが大事です。

 

給料を人にあげる夢を見たら、何か得られるものありそうです。

2.給料の夢の意味・心理状態の凶夢パターン

給料の夢の意味と心理状態の凶夢のパターンを紹介します。
 

2-1.給料が少ない夢

給料が少ない

 

給料が少ない夢は、愛情不足を感じていることを意味しています。

 

愛情が少ない、足りないと感じていることを表しています。

寂しい思いをしているのかもしれません。

 

人間関係でも自分は本当に好かれているのかどうか気になっているようです。

愛に飢えている状況です。

 

給料が少ない夢を見たら、自分の愛情の重さを考えてみましょう。
 

2-2.給料日なのに給料が入らなかった夢

給料日なのに給料が入らなかった夢は、努力が実らないことを意味しています。

 

まだ目標達成までは時間がかかることを表しています。

今取り組んでいる方法を見直してみたほうがいいかもしれません。

 

視野を広げていくことで他の努力の方法も見つかるでしょう。

努力を続ければ目標も達成される日がきます。

 

給料日なのに給料が入らなかった夢を見たら、前向きになることが大事です。
 

2-3.給料をもらって数えている夢

給料をもらって数えている

 

給料をもらって数えている夢は、物欲があることを意味しています。

 

欲しいものが多くあり、たくさんの物を欲しがっていることを表しています。

ブランド物などをたくさん買って満足したいようです。

 

物への執着が強くなっています。

周りからの評価は下がってしまうようです。

 

給料をもらって数えている夢を見たら、何か大切かを考えてみましょう。
 

2-4.給料を減らされる夢

給料を減らされる夢は、実力不足なことを意味しています。

 

給料を減らされることは、あなたの実力が足りないことを表しています。

目標達成までは遠いことになります。

 

仕事での成果もなかなか出せないでいるようです。

努力の仕方を変えてみることで実力を発揮できるかもしれません。

 

給料を減らされる夢を見たら、何か自分なりの方法を探してみましょう。
 

2-5.給料を使い切る夢

給料を使い切る

 

給料を使い切る夢は、愛情を求めていることを意味しています。

 

恋愛運が下がってしまうことを表しています。

愛情が欲しいと感じていて恋愛に満足していないようです。

 

人間関係でも人が冷たく感じてしまうことがあります。

愛情に飢えているので寂しい気分になっているようです。

 

給料を使い切る夢を見たら、自分が愛される努力をしてみてください。


 

2-6.給料をなくす夢

給料をなくす夢は、大事な物をなくすことを意味しています。

 

給料は愛情や大事なものを示しているのであなたの大事なものがなくなることを表しています。

あなたの大事な人がいなくなることもあります。

 

自分のミスから何かをなくすことになりそうです。

後悔しても遅い状況になります。

 

給料をなくす夢を見たら、慎重な行動を心がけましょう。
 

2-7.給料明細を見つめる夢

給料明細を見つめる

 

給料明細を見つめる夢は、自分の評価が気になっていることを意味しています。

 

自分の評価を気にしすぎていることを表しています。

給料の金額で自分の評価が高いか低いか判断しようとしています。

 

給料が低い場合は自分の努力が足りないと悔んでしまうでしょう。

給料が高い場合は過大評価されているのではないかと心配になります。

 

給料明細を見つめる夢を見たら、あまり評価は気にせずに自分なりの努力を続けていきましょう。
 

2-8.給料日を忘れる夢

給料日を忘れる夢は、何かに執着していることを意味しています。

 

お金をもらうことよりも夢中になっていることがあることを表しています。

恋愛に夢中になっている場合は相手に執着しすぎてトラブルにならないようにしてください。

 

仕事や趣味に執着している場合もあります。

体調管理もしっかりしておくことが大事です。

 

給料日を忘れる夢を見たら、生活のこともきちんとしておきましょう。
 

2-9.給料を人に貸す夢

給料を人に貸す

 

給料を人に貸す夢は、満足感を得たいことを意味しています。

 

人に入った給料を貸すのは、その人より上に立ちたい、満足したいということを表しています。

人にお金を貸していることで自分の方が有利に立ちたいということになります。

 

人間関係でも上にいたいという気持ちから上から目線になってしまうところがあります。

お金を貸すことで人間関係も少し良くない方向にいきそうです。

 

給料を人に貸す夢を見たら、実際には人に貸さないようにしてください。
 

2-10.給料を盗む夢

給料を盗む夢は、出費があることを意味しています。

 

人の給料を盗んでいる場合は、自分のお金を失うことを表しています。

大きな出費などが突然あるかもしれません。

 

騙されてお金を失うことも考えられるでしょう。

十分注意するようにしてください。

 

給料を盗む夢を見たら、トラブルには気を付けましょう。


給料の夢の意味まとめ

給料の夢にもいろいろな意味がありましたね。

これらをまとめます。

1.給料の夢の意味・心理状態の吉夢パターン

1-1.給料をもらう夢
→好意を持たれている

1-2.給料がたくさん入る夢
→大事な物に恵まれる

1-3.給料を使いきれないほどもらう夢
→大切なものを持て余す

1-4.給料を貯金する夢
→パワーがある

1-5.給料を手渡される夢
→達成感がある

1-6.自分が給料を支払う夢
→金運上昇

1-7.給料袋の中にお金が入っている夢
→気力の高まり

1-8.給料袋を拾って届ける夢
→対人運上昇

1-9.給料で借金を返す夢
→信頼関係がある

1-10.給料を人にあげる夢
→うれしいことがある

2.給料の夢の意味・心理状態の凶夢パターン

2-1.給料が少ない夢
→愛情不足

2-2.給料日なのに給料が入らなかった夢
→努力が実らない

2-3.給料をもらって数えている夢
→物欲がある

2-4.給料を減らされる夢
→実力不足

2-5.給料を使い切る夢
→愛情を求めている

2-6.給料をなくす夢
→大事な物をなくす

2-7.給料の明細を見つめる夢
→評価が気になっている

2-8.給料日を忘れる夢
→何かに執着している

2-9.給料を人に貸す夢
→満足感を得たい

2-10.給料を盗む夢
→出費がある

給料の夢はどうでしたか?

何かあてはまるようなパターンは見つかりましたか?

給料の夢の意味は、お金の問題だけではなく、大事な事があることが理解できました。

給料の夢を見たらぜひ参考にしてみてくださいね。

五十音順で夢の意味を調べる

-, シチュエーションに関する夢

Copyright© 夢意味.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.